ビットコインクジラ、4年ぶりに「新たな傾向」 資産10億円超の大口投資家調査=Glassnode

ビットコインクジラの変化データ企業Glassnodeの最新レポートによると、ビットコインクジラ(大口投資家)が2016年以来4年ぶりに増加傾向に転じた。法定通貨換算の資産額では、個々のクジラの平均資産額は減少しており、より分散化される傾向にあるという。Glassnodeが定義するクジラは、1000BTC以上を持つアドレスのことで、現在、900万ドル(約10億円)相当のビットコインを保有する投資家がこれに該当する。クジラが4年ぶりに増加最新のデータでは、クジラの数(赤線)は2016年をピークに、右肩下がりの…

———

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

ビットコインクジラ、4年ぶりに「新たな傾向」 資産10億円超の大口投資家調査=Glassnode

仮想通貨

仮想通貨クラスター
タイトルとURLをコピーしました