Stop the 5G 運動が列島に到来  富の東漸の分水嶺になるのか?

 中国はすでに5Gさらにその次の世代の6G世界に突入しはじめています。

 列島では2020年春?から本格稼働が予定されています。

 5Gが首都圏に張り巡らされれば、かなりの高い確率で強烈な磁場が形成されます。

 5G対応スマホが普及すればさらに5G磁場は強化されていくでしょう。

  その結果、何がもたらされるのか?

 それを知る方法があります。

  中国の主要都市でこれから現象として現れる健康リスク被害をつぶさに観察することです。

  数億人単位での社会的実験、人的実験が中国の都市部では実施されています。

  その予想される健康リスクについては、ご自身でお調べください。本ブログ記事でも取り上げてきていますが、気になる健康リスクの一つが精神異常(自殺願望)です。

  Youtube子供向け動画の中毒患者になっている子供(一部青年や中高齢層も含まれる)の数は膨大です。
 子供向け動画、特にゲーム中継系の動画配信に罰金を伴う規制COPPAが来年から入ります。

  実質的にYoutuberの淘汰が大幅に進みます。

  ネット2.0の時代が始まるからです。

   人々を特定の場所に閉じ込め、その空間世界に没頭させる、より中毒状態の激しい環境が構築されていくのです。

  

  

 

———

Source: 富の東漸

Stop the 5G 運動が列島に到来  富の東漸の分水嶺になるのか?

仮想通貨

仮想通貨クラスター
タイトルとURLをコピーしました