BTC急騰で7000ドル台に回復 下落するテザー価格に「高騰のヒント」か|仮想通貨市況

BTC急騰で7000ドル台へ

日本時間3日早朝に再び7000ドルを割り込んだビットコイン市場は、14時に急反発。7000ドルを再び上回ると約5分間で280ドルの急騰を記録した。

12月半ばから続いた7000ドルを下値支持線とするレンジ相場が下落方向に破られたことで市場にも警戒感が見られていた。7000ドル割れを狙った動きを含め、今回の急騰時にはBitMEXのショートポジションのロスカット推移は以下の通りだ。(14時の急騰時:約2800BTC、早朝の下落時:5325BTC)

半減期まで約100日に迫る中、Bitmainの従業員の半数を解雇する計画が報じられるなど、半減期までの駆け込み需要を横目に、マイナーの現実的な経営方針が見えたことも一時上値を重くした要因だ。

現市場の売り圧力の警戒要因は、テザー問題が一時後退したことで、マイナーの動向と仮想通貨詐欺といわれるプラストークンの2点が挙げられる。

昨日にもハッシュレートが過去最高値を再び更新したビットコインネットワークだが、半減期で大幅に減少するIRR(内部収益率)を警戒するマイナーの動向が経営方針から見えてきた事で、市場の警戒材料(半減期に向けて経営基盤の再構築や内部留保の確保)になった。

ビットコインとUSDTを改めて注目すべき理由

一方のUSDT関連は、直接的な売り圧力としての注目ポイントは薄れつつあるが、市場のマネーフローの観点からUSDT価格に再びBTC価格高騰の注目ポイントを指摘することができる。

裏付け資産を元に、1ドル=1USDTの価格を保つ仕組みのテザーだが、再び1ドルを離れ過去の安値水準に突入しつつあるが、このテザー価格の下落は、市場内資金が流出している現状を表し、資金流出に対して、新規の資金流入が減少傾向と相関している可能性がある。

特に、中国の仮想通貨規制が強まる中、USDTを通じた取引が主流な中国マネーの流れと相関を見ることができるポイントで、習近平国家主席の発言で一時的に高まった中国の投機熱後の推移として注目したい。

短期的にも、USDTの価格が戻り基調にあるタイミングでBTCが買われており、1USDTが1USDを上回ることが、マネーフローから見たBTC市場の買い場と見ることができるかもしれない。

出典:Tradingview

ビットコインとUSDTの価格の連動性について相関指数を発表したCoinMetricsは、2019年以降、平均して相関が高まっていることを指摘。USDT価格が下落した12月より特にその傾向が強まったことを明らかにしている。

出典:CoinMetrics

———

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

BTC急騰で7000ドル台に回復 下落するテザー価格に「高騰のヒント」か|仮想通貨市況

仮想通貨

仮想通貨クラスター
タイトルとURLをコピーしました